聞き逃し厳禁! ドル円相場に影響が出る「FOMC政策金利発表」

ドル円に関する経済指標の中で警戒しておかなければならないのは、FOMC政策金利発表でしょう。
FOMC政策金利発表は、アメリカの中央銀行とも言えるFRBの理事と、連邦準備銀行の総裁で構成されている委員会が、政策金利を発表する経済指標です。
全世界の金融市場において、最も重要な発表の1つであり、FXやバイナリーオプションを生業としているトレーダーにとっては、絶対に聞き逃しがないようにしなければならない経済指標です。

超大変動!FOMC政策金利

FOMC政策金利発表は、時にはドル円相場を大きく変動させます。

過去には、FOMC政策金利発表によって、ドル円相場が10分間の超短期間で1円以上も変動したといった事態も発生しています。

また、2年前まではサブプライムローン問題によって低金利が続いていましたが、最近では金利が上昇してきているようです。

今後、アメリカ経済が堅調であれば、より金利が上がるといった状況も考えられるため注意が必要となるでしょう。

FOMC政策金利発表は、直接ではありませんが発表後の日経平均株価に影響があります。

日経平均株価によっても、ドル円相場に影響が出てくる可能性があるため注意が必要です。

FOMC政策金利発表は、年8回行われます。

約6週間に1回のペースで発表されるという点に注意して、毎回欠かさずチェックをするようにしましょう。

FOMC政策金利発表は、金利だけでなく、発言の1つ1つにも注意して発表を聴く必要がある経済指標です。