絶対チェック! 「非農業部門雇用者数」と「失業率」

アメリカが発表する経済指標の中でも、トレーダーが絶対にチェックしなければならない経済指標があります。

それがアメリカの非農業部門雇用者数と失業率です。

非農業部門雇用者数と失業率は、主に雇用統計と呼ばれる経済指標の1つであり、ドル円相場に対する影響が大きい経済指標しても知られています。

雇用統計は重要指標だから注目!

非農業部門雇用者数と失業率は、アメリカの経済政策にも影響を与えるため、その後のドル円相場のトレンドを作り出す経済指標となっているでしょう。

非農業部門雇用者数と失業率は、ドル円相場に対する影響が大きいですが、相場が乱高下しやすいのも非農業部門雇用者数と失業率という経済指標の特徴です。

時には、非農業部門雇用者数と失業率が発表されてから1円以上の乱高下を起こす事態も発生するでしょう。

現在、アメリカの失業率は5%前後の低い水準を保っています。

ここ2~3年、失業率は低い値を保ち続けていますが、ちょっとした切っ掛けで相場に影響を及ぼすのが非農業部門雇用者数と失業率という指標です。
通貨ペアの中でも相場が安定しているドル円ですが、非農業部門雇用者数と失業率が発表される時には、1度ドル円相場であるという事を忘れた方が良いでしょう。

それほどまでに非農業部門雇用者数と失業率は、ドル円相場に対して大きな影響を与えます。

非農業部門雇用者数と失業率は、チャンスとピンチが混在しているような経済指標です。

利益を上げる時も、損失を出す時も大きく結果がぶれるため、非農業部門雇用者数と失業率でポジションを持つ時は注意が必要です。