バイナリーオプション国内業者と海外業者はどっちがおすすめ?

バイナリーオプションは海外業者を選ばなければ意味がない
2013年7月に日本のバイナリーオプション業者は業界主導で「バイナリーオプション規制」という自主規制を導入しました。

そもそも、シンプルな2択で60秒後に結果がわかるギャンブル性の強さが問題視されたためです。

バイナリーオプション規制では

60秒後という判定タイムが最短2時間おきになり
上がったか?下がったか?の2択で1.9倍の払い戻しという制度がなくなり、購入時点からの価格の上昇幅に応じた払い戻し

ということになってしまったのです。

変動したレート分が払い戻されるのであれば、これはFXとなんら変わりはありません。しかも、時間置きにしか判定タイムがないのであれば、いつでも売買ができるFXの方が使い勝手が良いのです。

結果、バイナリーオプションの存在意義がなくなってしまい、バイナリーオプションを提供していたFX業者の多くがバイナリーオプションのサービス提供の停止をしたのです。

海外バイナリーオプション業者のメリット
海外のバイナリーオプション業者は英語が使えなくても良い
海外のバイナリーオプション業者は日本語ウェブサイトを持っているのは当然でトレードシステムが日本語、日本人スタッフが在籍し、日本人がサポート対応してくれる業者が多いです。とくに英語が話せなくても取引に困ることはないのです。

海外のバイナリーオプション業者は日本の業者の自主規制は対象外
当然、日本のバイナリーオプションどうしで決めた自主規制は、海外業者には何の意味ももちません。

以前のバイナリーオプションと同じ、60秒後に結果がわかる、ペイアウト倍率1.9倍前後、純粋なハイ&ローの2択という取引ができるのです。

海外のバイナリーオプション業者と言っても信頼性の高いところも多い
海外のバイナリーオプション業者は怪しいというウワサや偏見を持っている方も多いのですが、実際はそんなことはありません。世界的にバイナリーオプションを運営している企業でも上場していたり、セリアAのユベントスのスポンサー企業になっているなど、信頼性の高い業者もあるのです。

不安を感じる方は、上場企業や世界的サッカークラブのスポンサー企業など、信頼性の高い海外バイナリーオプション業者を選べば良いだけなのです。

独自のボーナスキャンペーンを行っている
海外のバイナリーオプション業者は、取引量を増やしてもらうことが企業の利益に直結するため、さまざまな期間限定キャンペーンを展開しています。「入金時に1万円分のボーナスが貰える」「入金額の20%がボーナスで増える」など、様々なボーナスキャンペーンがあるのです。